乳酸菌イメージ

乳酸菌が入った食品を食べて元気になる

普段からお腹の調子がよくないことが多く、すぐ便秘がちになってしまったり、なにかあるとお腹を下してしまったりと、不調が続いていました。
忙しい日々の中で、インスタント食品などの簡単な食事で済ましてしまっていることも多く、腸の状態が悪かったです。
そこで、お腹の具合が悪い人の場合、改善するには乳酸菌が入った食品を摂取すればいいと知ったので、いくつかの食品を摂取してみることにしました。
どういった食品に入っているのか調べたところ、チーズや漬物やキムチなどの食品、また味噌や醤油や日本酒などに入っていると知りました。
手軽に乳酸菌を摂取できる健康タイプのドリンクも販売されているので、飲むタイプのヨーグルトドリンクなどをこまめに摂取してみました。
飲むヨーグルトならば、パンなどの朝食と一緒に飲むことができたり、コンビニなどでかんたんに買うことができるので、継続して飲むことができました。
毎日だけど飽きてしまいがちですが、ヨーグルトドリンクならばプレーンタイプの他に、ストロベリーやブルーベリーなどの味が付いたタイプも販売されているので、気分転換することができました。
食事をする時には、漬物などの発酵食品を一品加えて食べるように心がけました。
漬物は苦手でしたが、キムチは好きなので、できるだけキムチを食べるようにしました。
また、味噌汁を飲むようにしました。
このような食事を一週間ほど続けていると、少しずつ腸の状態が良くなっていくのを感じました。
今まで、数日に一度しか便が出ず、とても固くて出にくいことがほとんどでしたが、少しずつ柔らかい便が出るようになりました。
また、一日に一回は必ず便が出るようになりました。
これによって、ぽっこりしていた下腹が少し小さくなり、顔やあごのあたりに出ていた吹き出物が少し減りました。
そのため、ファンデーションのノリがとても良くなりました。
少しファーストフードを食事を続けたり、外食が続いて野菜を食べる量が少なくても、とりあえずヨーグルト関連の食品を食べるようにすると、またすぐに腸の状態が元に戻りました。
また、乳酸菌の効果か、風邪を引きにくくなりました。
病気をしにくい体になることができました。

Copyright(C) 2010 菌で健康.com All Rights Reserved.